カジノ インターネットカジノ オンラインカジノ 賭博 カンボジア casino in Cambodia in Malaysia オンラインカジノ ロト6 宝くじ
投資について
FXはプロに

保険について
無料相談

https://www.bestjapancasino.com/

https://www.bettingtop10.com/ja/wp-content/uploads/sites/5/2017/05/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E6%97%A5%E7%A8%8B-%E3%80%90%E4%BA%88%E6%83%B3%E3%81%A8%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%BA%E3%80%91.pdf


A.: http://www.888.com/jp 90年代から今現在もあるので信用出来る?

B.:  http://www.orientalcasino.com/ 何故かつながらなくなった?2005)

C.:  http://www.kisscasino.com/ 何故かつながらなくなった?2005)

SwissCasinoスイスカジノ):
カジノゲーム Pachigames.com(パチンコ)
(最新)

 オンラインカジノジャパン http://www.onlinecasinojapan.info/

 インペリアルカジノ http://www.imperialcasino.com/dload/

 カジノ道場HPhttp://www.casinodojo.nuu.jp/

 インターネットカジノクラブ:http://internetcasinoclub.fc2web.com/

 未確認;http://www.vip-vegas-777.in/


必勝オンラインカジノ入門

カジノジャパンネット:http://www.casinojapan.net/  PlayboyCasino


カジノに行くと、時間的な制約もあり、客に不利な要素が多いが、
インターネットカジノは好きな時に、必勝法?を実践できる。
下記が使い勝手が良く、チップ購入もクレディットカードではなく、送金にすれば安全?

B.:Oreiental Casino はラスベガス式で画面は迫力がある。
A.Casino on Net は比較的客に有利な設定となっている?
必勝法の研究をするなら Off Lineでの使い勝手が良い C.Kiss Casino がお勧め。
ゲームとしてインストールしてみては?

インターネットカジノの仕組みについてはオンラインカジノ ジャパンが詳しい。

ブラックジャックとバカラが一番勝つ確立が高い? 必勝オンラインカジノ入門


初めてなら銀行
  ANA支店ロゴ

カンボジアにはプノンペン市内等、あちこちにカジノがあり、米ドル建て。
チップの強要もない。
タイの国境の町にあるカジノはチップがバーツ建てで、
客はほとんどかバンコクからのタイ華僑。
1993年頃、プノンペンのカジノには、
マレーシアのゲンティンハイランドから派遣されたマレー人がいた。

holiday-palace.com(Poipet, Cambodia)

バナー

タイ王国のビザ バンコク生活情報より抜粋
ロングステイビザは、50歳以上の人で、80万バーツの預金か、年金が月額15万円あれば取得可能。  有効期間は1年間で、延長可能。
タイランド・エリート・カードをUS$25,000で取得すればビザは5年毎の更新。

ビザを取らずに長期滞在している人は、陸路カンボジア国境のアランヤプラテートからカンボジアのポイペット(POIPET)に入る方法があり、韓国人や西洋人の旅行者も多く利用している。 カンボジアのビザを取り、入国/出国のスタンプを捺して貰うには、長い行列を並ばねばならないが、300バーツで全て請負ってくれる顔のきくカンボジア人が居て頼むと10分でOK。 往復はタイ人のカジノツアーバスを利用すると便利(無料)。 

Jack's Golf のPoipetバスツアーも便利 (カンボジア査証代と昼飯込みで2,000バーツ)。
待ち時間にポイペットのカジノで1-2時間遊べる。

本人はバンコクにいながら、パスポートだけがマレーシアに行って スタンプが捺され戻ってくるといったサービスをしているところもあり、日本大使館も知っている様子で、やめるように言っている。 ノービサ(30日)の延長は、イミグレに行くと、以前は10日間分500Bahtで取れたが、2003年3月26日から、なんと1,900Bahtに値上げされた。

ノンイミグランントビザ(90日)は、書類をそろえてPhnom PenhやVientiane等のタイ大使館に行くと20ドルで簡単に取れる。 2回入国の出来る観光VISAもUS$20と写真2枚で簡単にとれ便利 (April 03)。

最近、ビザ代が値上げし、タイ国政府の黙認もいつまで続くかといった声もあるので、ちゃんと長期滞在のビザを取ることをすすめます。(Oct.03)

TVC (ビザ) Jack's Golf 結晶性知能  SEAMCO 岡藤商事/Folex24

Loto6 ロト6生活 ロト6.com あやしい法則 研究会 ロト王国 Analizer Loto6.xls ロト6予想鑑定

   ミスターVegas(ナイトショー) コンパス

人気インターネットパチンコ
気になる人気インターネットパチンコの全て。機種、還元率比較、プレイ方法、
おすすめ情報などの基本情報を提供するサイトです。


必勝法? "オンラインカジノ"より抜粋

ベッティングシステム 究極の攻略法!!

カジノの攻略には、二つの攻め方があります。

一つはゲームごとの勝率を上げる方法です。これは、ブラックジャックやポーカーの最適戦略(オプティマムストラテジー)を追究したり、出るスロット台を選んだりすることにより、ゲームで勝つ確率を高めるものです。

もう一つは、一定の方法に従って賭ける金額やタイミングを調整することで儲けを追求するものです。ベッティングシステムと呼ばれます。

ただし、ベッティングシステムにも限界があります。たとえば、無限の資金をもっている人がベット上限のないゲームでマーチンゲール戦法を使用すれば勝ち続けられますが、残念ながらどのオンラインカジノにもランドカジノにもベット上限はあります。

そして、言うまでもなく無限の資金を持っているプレイヤーなどいません。そういう意味では、ベッティングシステムに従うにしても、自分の予算をきめておくなど、別の基準を設定しておくことは大切です。

ここをクリックしてオンラインカジノをのぞいてみましょう

--------------------------------------------------------------------------------

それでは、ベッティングシステムのいろいろを紹介したいと思います。

ベッティングシステムは、二種類に分類することができます。マーチンゲール系とパーレー系です。

マーチンゲール系は、負けた場合に次のゲームの賭け金を上げることによって賭けた金を取り戻す戦法です。

パーレー系は、負けを取り戻すのではなく、連勝したときに勝ちを大幅に増やす戦法です。基本的に勝った場合に次のゲームの賭け金を増やします。この戦法であれば、途中で負けても失うものは少ないです。

これらの方法は、結局のところずっと続けた場合、カジノの控除率(ハウスエッジ)を克服することは不可能です。短期的にみれば相当な効果が上がることもあります。が、永久に勝ち続けるベッティングシステムは存在しません。

自分のツキを冷静に見極めて、システマチックに賭けることができる方には最適の戦法が見つかるかもしれません。

私自身は途中までシステムで賭けていても、結局途中でいつも感情的になってしまい、なかなかシステム通りに賭け続けることができませんが、向いていると思われる方は、利用してみてください。

ここをクリックしてオンラインカジノをのぞいてみましょう

--------------------------------------------------------------------------------

マーチンゲール系

ここで紹介する方式は、すべてルーレットの赤黒のような、オッズが2倍のゲームに適用されるものです。応用すればそれ以外にも適用可能です。

マーチンゲール戦法

これは、負けたら賭け金を2倍にしていく方法です。例えば5回連続で負けて6回目で勝った場合は賭け金は順に1、2、4、8、16、32となり合計賭け金は1+2+4+8+16+32で63になります。6回目で勝って64を手にするので、結局1だけ儲けることになります。ですので最終的には絶対に損をしません。

ただ、この方法の最大の欠点は、カジノで設定されているMax Bet (賭けの上限額)に達したら、それ以上倍賭けができないということです。Min Bet (最低賭け金)が1でMax Betが300の場合、1、2、4、8、16、32、64、128、256で、9連敗したら後がありません。

9連敗なんて絶対にしないと思いますか?そういう自信がある人はどんどんやってみてください。でも、確率的に起こりえることは本当に起こります。マーチンゲール戦法は、リスクが高い割に、期待できる見返りが少ない、やってはいけない方法の代表格です。

グランマーチンゲール戦法

これはマーチンゲール法よりも大きな利益を狙う方法です。負けたときに、賭け金を倍にするだけではなく、それに更に最初の賭け金をプラスした金額を賭けます。

たとえば、1から賭けはじめて連敗した場合、通常のマーチンゲール法ですと1、2、4、8、16・・となりますが、グラン・マーチンゲール法の場合、1、3、7、15、31となります。

これだと、1度勝てば儲けは1だけではなく、全部のゲームで1を賭けて全部勝っただけの利益を手にできます。ただ、リスクは更に増大するので、おすすめできません。

ダランベール戦法

これも簡単な方法です。1で賭け始め、負けた時は1増やし、勝った場合は1減らすという方法です。リスクが大きい割りには儲けはあまりない方法です。

モンテカルロ戦法

これはキャンセレーションシステム(逆ラブシェール戦法)と呼ばれる方法の一種です。モンテカルロ戦法は、紙とペンが必要です。でも難しくはありません。

(1) まず「1 2 3」という数列を書きます。
(2) 数列の左端の数字(=1)と右端の数字(=3)を足した数(=4)を賭けます。
(3) 負けたら、今賭けた数字(=4)を数列の右端に加えます (「1 2 3 4」です)。そして上の(2)に戻ります。
(4) 勝ったら、倍率2倍のゲームの場合は左端の数字(=1)と右端の数字(=3)に棒を引いて消します。倍率3倍のゲームでは左端の数字二つと右端の数字二つを数列から消します。
(5) 数列にある数字が無くなったら終了です。
(6) 続けたい場合は、(1)に戻ります。

問題点は、十分な持ち金がないと、資金が途中でなくなる場合があることです。それに、連敗していくと、ベット額がテーブルのMax Bet (最大ベット額)を超えることがあることです。

2 in 1戦法

これもキャンセレーションシステムのひとつで、2回の負けを1回で取り戻す方法です。方法は簡単です。負けた金額を書いて、その左端と右端の数字の合計金額を賭けていきます。

たとえば、1を賭けて負けた場合は「1」と書きます。次はこの書いてある数字(1)を賭けます。これで負けたら、右側に1を書き足して、「1 1」となります。その次は左端と右端の合計の2を賭けます。

これを繰り返して四連敗すると、「1 1 2 3」となります。その次の賭け金は4で、それに勝ちますと、左端と右端の数字を消して数列は「1 2」になるので、次は1と2の合計の3を賭けます。それに勝つと、どうなりますでしょうか。

結果的に2勝4敗であるにもかかわらず、合計収支はプラスマイナスゼロです。

インターカジノで遊んでみよう!

--------------------------------------------------------------------------------

パーレー系

マーチンゲール系の欠点は、結果的にすべてを失う可能性があることです。それに対して、パーレー系は、勝った時に賭け金を増やしていくので、リスクは比較的小さく、ツキを活かして大きく儲けられる可能性があるシステムです。

パーレー戦法

これはけっこう過激な方法です。勝ったら次の賭け金を倍にしていく方法です。賭けを1から始めて8連勝すると、255の儲けになります。もし8連敗しても8の負けです。リスクは小さいです。何連勝で止めるかが考えどころですが、これはいろいろ試してみてください。この方法の問題点は、勝ちと負けが交互に繰り返されるような展開に弱いことです。

グランパーレー戦法

先程のグランマーチンゲール法と似たような方法ですが、こちらは、勝った場合に賭け金を2倍にしていくかわりに、2倍+1とします。1、3、7、15、31となります。3連勝した時に止めるグランパーレーオブスリーという方法が一般的だということです。

グッドマン戦法

このシステムは1235法とも呼ばれます。勝ち続けたときに、賭け金を1、2、3、5、5、5、5・・・とします。勝ち続けた場合5を賭け続けます。この方法だと、大きな利益は見込めませんが、儲かる確率は上がります。4連勝すれば、5回目に負けてもトータルではプラスになり、その後は5の利益が積み重なります。

バーネット戦法

これは、1326法とも言われます。上のグッドマン法の1235のかわりに、勝ち続けた時に1、3、2、6と賭ける方法です。2連勝だけすれば、その後はどこで負けてもトータルで利益がでます。この方法では、4連勝のあとは賭け金を1に戻します。

ラブシェール戦法

まず、任意の数字を4つから10個書きます。ここでは、8個とします。たとえば「1 1 1 3 3 3 4 4」とします。この数字の合計は、1+1+1+3+3+3+4+4で、20になっています。

この方法の場合、自分が最終的に失ってもよい金額がこの合計数と同じになるように設定します。

最初は左端の数字と右端の数字の合計を賭けます。つまり、1+4で5を賭けます。もし勝ったら、今賭けた金額を右端に書き足します。「1 1 1 3 3 3 4 4 5」となります。

もし負けたら、先程の左端と右端を消します。「1 1 3 3 3 4」となります。

いずれの場合も、次のゲームでは同じように左端と右端の数字を足した分だけ賭けます。上の例でいうと、勝った場合は1+5で6、負けた場合は1+4で5になります。このようにして続けていく方法です。

勝ちの波にのれば、どんどん賭ける金額が上がって大きな儲けが狙えます。逆に、あまりツキがないときは数字が全部消えてしまいますが、もともと負けてもいい金額を決めているのでそれ以上は負けません。自分で数字の並べ方をいろいろ工夫してみてください。

ここをクリックしてオンラインカジノをのぞいてみましょう

--------------------------------------------------------------------------------

テンパーセント戦法

これは単純ながら結構使える方法です。名前の通り持ち金の10分の1(つまり10%)を賭け続けるだけです。しかしこれがかなり有効です。

たとえば、ルーレットの赤黒で言うと、$100の手持ちであれば、$10を賭けて、勝てば手持ちは$110に増えます。そうしたら次は$11を賭けるといった具合です。もし負けて$90になれば、次は$9を賭けます。

この方法のいいところは、ツイている時はどんどん増える半面、ツイていない時は減り方が緩やかになるという点です。

もちろん100回シミュレーションした中には、持ち金が$1,000から$81に減ってしまったケースもありましたが、ツキを十分に活かせるシステムであることは確かです。

--------------------------------------------------------------------------------

ハーフストップ方式

勝ちを確実に手元に残すために有効なのが、このハーフストップ方式です。

まず、元手をいくらにするか決めます。$100を元手にしたとします。そして、賭けを始めます。

適当に残高が増えたら普通はやめますが、ハーフストップ方式では止めずに、もっと続けます。

例えば、$500になったとしても止めません。続けます。そして、その後利益が減り残高が$300になった場合、つまり、利益が最大時($400)の半分($200)になった時点で止めます。

そうすれば、最大時の利益額の半分は、必ず確保できることになります。

なお、最初から負け続きで$100が$50になってしまった場合も、そこで止めたほうがいいようです。

これを実行するには相当な意志が必要ですが、実行できれば非常に効果があります。

私はこれの応用でハーフではなく20%ストップ方式を使っています。最大時のから2割減った段階で止めるということです。
これも、意志が要求されますが、堅実な手法です。

まずはここのカジノからスタートしてみよう!

--------------------------------------------------------------------------------

最後に、カジノ界の偉才Wizard of Oddsの、ベッティングシステムに関する見解と検証結果のページを参考までに
ご案内します。 英語ですが、非常に面白いです。 http://wizardofodds.com/gambling/scam.html

パソコン相談所 タイでネットTV タイで年金生活 タイでゴルフ タイで就職 タイ語の翻訳 タイでADSL接続

バナー 10000036

ゴルフ 旅行 不動産 学校 松茸 医療 整形 漢方 ひとりごと 輪廻 薀蓄 歴史

バンコク生活情報 リンク集 雲南 メコン 占い ADSL ネット電話 雑貨 日本語TV

米「ネットカジノ」規制、業界に大きな打撃

 【ワシントン=矢田俊彦】インターネットを利用して賭けポーカーなどができる「ネットカジノ」を規制する法案が13日、ブッシュ米大統領の署名を経て成立した。

 ネットカジノの市場規模は120億ドル(約1兆4000億円)に達するといわれるが、業界は米国での規制により大きな打撃を受けることになる。

 規制は、米金融機関やクレジットカード会社などに対し、口座振り込みなどを通じてカジノサイトへかけ金を支払うことを禁じ、ネットカジノの利用を封じ込める内容だ。

 米国では、もともとネットなどの通信手段を使ったカジノは禁止されている。しかし、米国外に拠点を持つネットカジノ企業を取り締まるのは難しく、多くの米国人が国外のネットカジノを利用していた。
(読売新聞) - 2006年10月14日13時3分更新

オンラインカジノ必勝法

必勝法はgoogle等で検索すると下記が見受けられる。
筆者は1,2,3の キャンセレイション法とマーチンデール法で実験したが、かなり根気がいる。

ルーレットはRepeat狙いが確率が良さそう。

8-23-30,   17-25,   36-18,   2-5-8-12-15-18-22-25-28,   6-9-16-19-26-29-36,   10-20-30, 
11-22-33,   17-34
等の数字同士は縁が深い?

ルーレットの必勝法 (如是我聞)

カジノを含めたギャンブルには、必勝法がつきものです。そこで、ここでは、ルーレットの必勝法と言われるものについて有名なものを記述しておきます。(実際には、確率的に見てルーレットに必勝法はありません。従って、これら必勝法は知識として知っておくだけにしておいてください。)

なお、ルーレットの歴史について知りたい方は、ルーレットの歴史をご覧下さい。

必勝法1 マーティンデイル システム

マーティンデイル システムは、俗に「倍追い法」と呼ばれる必勝法です。

この方法は、例えば、最初1ドル賭け、負けたら倍の2ドルを賭け、それも負けたら、倍の4ドルを賭けというように、勝つまで倍賭けを繰り返していくと言う方法です。

この方法では、賭けに勝った時点で常にプラス1ドルの儲けになるので、勝ったら1ドルから始めます。

無限の準備金があるとき、確率的に見て、いずれは、必ず勝つことが出来るというのが、この必勝法の根拠になっています。

例えば、この方法を5回以上続けたとき、勝負に勝てる確率は、5回連続で負けた場合を除いたものになります。

勝てる確率と負ける確率がそれぞれ1/2であった場合、5回連続で負ける確率は、

(1/2)^5 = 6.25%です。

従って、5回のゲームを行ったとき、勝てる確率は

P = 1 - (1/2)^5=0.9375 = 93.75%になります。

この確率は、回数を重ねるほどに増えていきます。例えば、8回を超えたときには99%以上の確率で勝つことが出来ます。このように勝つ確率を限りなく大きく出来るという事実が、この必勝法の数学的根拠といわれている部分です。もっとも、この方法によって得られるお金の期待値は何回回数を重ねても変わることはなく、この場合、常に0になります。

 それは、負ける確率は限りなく小さく出来るとはいえ、0には出来ず、その負けたときの金額が同様のスピードで増えていくからです。実際に、このシステムによって、50万円ほど稼いで帰ってきたという話を聴いたことがあります。が、一般には、カジノ側にとって格好のお客さんであると考えられています。

必勝法2 キャンセレイション システム

キャンセレイション システムは、長い眼で見たとき、赤と黒は、半々になるはずだということを前提として考えられた必勝法です。

まず、短期目標額(手に入れたいお金)を設定し、適当な数字に分けて紙に書きます。例えば、目標額を10ドルとします。

この10ドルを1ドル、2ドル、3ドル、4ドルに分けたとします。その数字を次のように紙に書きます。

1 2 3 4

賭け金は、書いた数字の最初と最後の数字を足したものになります。例えばこの場合、1+4=5ドルが賭け金です。次の行動は勝った場合と巻けた場合とで次のようになります。

1) この必勝法で、最初に勝った場合。

仮に勝ったら、最初と最後の数字を消し、残った数字の最初と最後の数字を足したものを賭けます。この場合、2+3=5ドルになります。更に勝てば、数字は消え、10ドル勝ったことになります。

2) この必勝法で、最初に負けた場合。

仮に負けた場合、賭け金を数字の右側に書き加えます。たとえば、次のようにします。

1 2 3 4 5

そして、次の賭け金として、最初と最後の数字を足した1+5=6ドルを賭けます。負けた場合は、負けた金額を追加し、勝った場合は、数字を消していきます。

以上の作業を繰り返し、全ての数字が消えたとき、目標金額を手に入れることが可能です。

オンラインカジノ必勝攻略法

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、確率50%の賭け事(例:ルーレットの赤と黒: 正確には0と00があるので18/38=47.4%)での必勝法で、負けたときに賭け金を勝つまで倍々に増やしていくことによって負けた分を取り返すというものです。 例えば、5回連続で負けてから6回目で勝ったとしましょう。最初の賭け金を$1とすると、次のようになります。

回数 1 2 3 4 5 6

賭金 1 2 4 8 16 32

損益 -1 -3 -7 -15 -31 +1

 これによって、負けた分プラス$1を手に入れたというわけです。これを続けると右上がりに勝ちつづけます。これがマーチンゲール法なのです。 しかし、この一見負け知らずのマーチンゲール法にも欠点があります。先ほどの場合で、もし9回連続で負けるとどうなるでしょうか。

 回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

賭金 1 2 4 8 16 32 64 128 256 512

損益 -1 -3 -7 -15 -31 -63 -127 -255 -511 +1

 最終的には勝てたものの、10回目で$512賭けなければならず、かなり勇気が要ります。10回連続で負ける確率は2の10乗分の1つまり、1024分の1です。よほど運が悪くなければ、このような怖い思いをあまり体験せずに済むでしょう。 ただし、リスクがある割りには、その後の勝ちがたったの$1と少ないのが、割りに合いません。これを改善したのが、次の3倍マーチンゲール法です。

3倍マーチンゲール法

読んで字の如し。2倍ではなく3倍にするのです。しかし、ただ3倍にしただけでは勝ちは大きくなりますが、賭け金もかなり大きくなりもっと勇気が必要になります。

回数 1 2 3 4 5 6

賭金 1 3 9 27 81 243

損益 -1 -4 -13 -40 -121 +122

 そこで、例えば初めの3回は賭け金を増やさずに続けて、4回目に負けたときから賭け金を3倍にしていったらどうなるでしょうか。

回数 1 2 3 4 5 6

賭金 1 1 1 3 9 27

損益 -1 -2 -3 -6 -15 +12

最終的な損益は減少しますが、賭金もそれほど大きくならないうちに勝てますのでリスクはかなり下がり一安心というところです。いや、まだまだ安心しきれない、10回連続で負けたらどうするんだ、という方は次のような方法はどうでしょうか。6回まで賭け金を変えないでやる変わりに、そのあとの賭け金を5倍づつ増やしてみるという方法です。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

賭金 1 1 1 1 1 1 5 25 125 625

損益 -1 -2 -3 -4 -5 -6 -11 -36 -161 +464

 以上のごとく、機械的に購入を続けることでカジノを投資の場に変えることができるのです。私たちも初めはなかなか理論を全面的に信頼できず途中で購入方法を変えた結果うまく行かないこともありましたが、最近は理論に忠実に賭けるようにした結果、確実に成果を出し続けております。

 ただ、一つだけ注意しなければいけない点は、万が一の時のためにお金は多めに用意しておかなければいけないことです。せっかく取り返せるところで手持ち金がなくなっては意味がありません。もちろんこれは最初の賭け金を$1程度に抑えることで比較的回避は容易です。

 いろいろプッシュする回数や金額を変えて工夫してみたくなると思いますが、一度決めた方法を変えないことが最大の秘訣です。大きな儲けをねらったり、着実に運用したり、様々な方法が可能ですが、私たちのおすすめは、5回目まで賭け金をかえず、6回目以降は負ける度に賭け金を5倍にし続ける方法です。

A.Casino on Net より

クレジットカードが不安ならば,ウェスタンユニオンをお勧め致します. 詳細は,ホームページのマネーにありますので,ご覧下さい. もし利用される場合,直接WUを扱っているオフィスにてご入金頂くことになります。(日本では、一部のスルガ銀行が取扱いしているようです。) WUにてご送金されます際は、以下情報を指定用紙にご記入下さい。 

宛名送金者):Rafael Angel Aguilar Picado

住所San Jose, Costa Rica 

これだけで十分なはずです。 ご送金手続が完了しましたら、大変お手数ではございますがより迅速な入金処理ができますよう、以下の情報をE-mailにてお送り頂けますでしょうか?

1.送金者(フルネーム):

2.受理者(フルネーム):Rafael Angel Aguilar Picado

3.ご送金日:

4.ご送金金額:

5.ユーザーID:

6.カジノ名:

7.WUコントロール番号:

(※ご入金後、銀行より貰えます) 

上記情報をご連絡頂き次第、ご入金状況を確認させて頂き、ご入金が確認されました時点ですぐに、10%相当のボーナスと併せて、アカウントにデポジットさせて頂きたいと存じます。 

■スルガ銀行の所在地

http://www.surugabank.co.jp/surugabank/flash.html 

こちらのURLより

「商品・サービス」→「つかう」→「ウェスタンユニオン国際送金サービス」

→「取扱い支店」 にて、詳細がご確認頂けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Google検索: http://members.tripod.co.jp/torihadahp/new_page_9casino.htm

インターネットカジノ: http://www.h3.dion.ne.jp/~casino1/bbs.html

カジノ道場: http://www.casinodojo.nuu.jp/

アメリカビザ 中国-雑記帳 輪廻転生/暁の寺 ひとりごと(バンコク) バンコク生活情報 タイ年金暮し CHANTY リンク集(タイ)

 

カジノ道場-カジノ攻略法 より

カジノ攻略法は私の知る限りでも数十種類存在します。 そのなかでもより有効な攻略法を紹介したいと思います。 みんながこれを実践すればカジノサイトは倒産するのではないか・・・なんて心配しちゃいます。 ベンツのカタログは今のうちに取り寄せておきましょうネ。 お金が増殖していく理論を習得してウハウハな人生を楽しみましょう。 私←なんてイイ人なんだろう・・・

まず、実際に勝てるかどうか無料ソフトをダウンロードして無料プレーで試してみてください。 それでダメならヤメればいいですので・・・。

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、確率50%の賭け事での必勝法で、負けたときに賭け金を勝つまで倍々に増やしていくことによって負けた分を取り返すというものです。

例えば、5回連続で負けてから6回目で勝ったとしましょう。最初の賭け金を1円とすると、次のようになります。

回数 1 2 3 4 5 6
賭金
1
2
4
8
16
32
損益
-1
-3
-7
-15
-31
+1

これによって、負けた分プラス1円を手に入れたというわけです。これを続けると右上がりに勝ちつづけます。 しかし、この一見負け知らずのマーチンゲール法にも弱点があります。 先ほどの場合で、もし9回連続で負けるとどうなるでしょうか。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
賭金
1
2
4
8
16
32
64
128
256
512
損益
-1
-3
-7
-15
-31
-63
-127
-255
-511
+1

最終的には勝てたものの、10回目で512円賭けなければならず、かなりドキドキです。 10回連続で負ける確率は1024分の1なので、よほど運が悪くなければ大丈夫ということになります。 つまり勝つ確率は1024分の1023(99.9%)ということになりますよね。 これは、1024回挑戦して1023回勝つという意味です。 スゴすぎます。 ただし、リスクがある割りには、その後の勝ちがたったの1円と少ないのが不満という方のために、これを改善したのが、次の3倍マーチンゲール法です。

3倍マーチンゲール法

2倍ではなく3倍にするのです。 お金がどんどん増殖してゆきます。 

回数 1 2 3 4 5 6
賭金
1
3
9
27
81
243
損益
-1
-4
-13
-40
-121
+122

このように、機械的に購入を続けることでカジノを投資の場に変えることができるのです。私も初めはなかなか理論を全面的に信頼できず途中で購入方法を変えた結果うまく行かないこともありましたが、最近は理論に忠実に賭けるようにした結果、確実に成果を出し続けております。

いろいろ回数や金額を変えて工夫してみたくなると思いますが、一度決めた方法を変えないことが最大の秘訣です。大きな儲けをねらったり、着実に運用したり、様々な方法が可能ですが、私のおすすめは、やっぱり3倍マーチンゲール法です。 極論を言ってしまえばこの理論さえ実践していればお金が増え続けるということです。

スロットマシン攻略法

スロット・マシーンの場合、徐々に手持ちチップが減っていくのが普通です。手持ちチップがなくなる前に800倍以上のチップが当たればプレーヤーの勝ちとなります。しかし、その方法では勝敗は運しだいで決まり、勝てる確率よりも負ける確率が高くなってしまいます。ところがこの「スロット・マシーン攻略法」の方法でプレイし、経験を積むことによって、倍率の高いチップが当たらなくても手持ちチップが減ることはほとんどありません。また、この攻略法を使いコツをつかめば、かなりの確立で勝てるようになり、毎晩のように大金を勝ち取る面白さをあじわうことができると思います。

では、実際にチップ投入例を見てみましょう。

1、1回目のチップ投入〜30回目のチップ投入までは、25セントのチップを使います。
2、31回目のチップ投入〜50回目のチップ投入までは50セント。
3、51回目のチップ投入〜60回目のチップ投入までは75セント。
4、61回目のチップ投入〜65回目のチップ投入までは1ドル。
5、66回目のチップ投入〜70回目のチップ投入までは2ドル。
6、71回目のチップ投入〜75回目のチップ投入までは5ドル。
7、76回目のチップ投入〜80回目のチップ投入までは10ドル。
8、81回目のチップ投入〜は15ドル

10倍〜20倍以上のチップが当たった時点で、1番の25セントからプレイし直します。このパターンを繰り返し行うことにより、大当たりがこなくてもチップの減りを最小限に抑えることができます。また、上手くいけば20倍前後の当たりだけでも一日に数百ドルのチップを稼ぐことができるようになります。更に倍率のあるときに大当たりがくると一気に数千ドル以上を儲けることができます。(日本円にして数万〜数百万円)

尚、通常は30回目のチップ投入までに20倍前後の当たりがくるのがほとんどです。80回目を超えることは滅多にありません。 ここに書かれている数値は、あくまで私が使っているものです。 また、注意すべき点は、大金を得ようと最初から多額のお金を賭けますと、それだけリスクが大きくなり、当然負ける確立が高くなります。とにかく勝てるようになる為には、基本を守りながら何度もプレイして経験を積むことが一番です。

さっそく無料ソフトで試してみる

ココモ式

マーチンゲール法はレートが2倍以上のものに有効ですが、ココモ法はレートが3倍以上のものに賭けるのが基本です。 ルーレットでは3倍以上になるように賭ければよいでしょう。 賭け方は、負けるごとに前2回の賭け分を足して賭けることによって、勝った時に必ず儲けが出るようにできます。

(例)7回連続で負けて8回目で勝った場合。 最初の賭け金を$1とすると、次のようになります。

回数

1回目

2回目

3回目

4回目

5回目

6回目 7回目 8回目

賭金

$1

$1

$2

$3

$5

$8 $13 $21

損益

-$1

-$1

-$2

-$3

-$5

-$8 -$13 +$42

8回目で$42勝ったので、それまでの負けを差し引くと (勝 $42)-(負 $33)=(利益 $9)

このように、ココモ式はどの段階で当たってもそれまでの負けを一発で取り戻せます。 レートが3倍以上のものはマーチンゲール法よりもリスク回避に優れています。 このようにゲームの種類によって攻略法を選択するのが基本になります。 資金がたくさんある方は3倍マーチンゲール法を選択するべきです。

モンテカルロ法

モンテカルロ法とはモンテカルロの賭博場で胴元を破産させたことから名付けられたもので、 ココモ法と同じくレートは3倍以上のものに賭けるのが基本です。

1、モンテカルロ法は数列1.2.3が基本となり 、最初の掛け金は整列1.2.3の両端の数の1と3を足した数の4円になります。(ここでは1単位を1円として説明)

2、負けたら、数列は1.2.3.4となり、次の掛け金は両端の数1と4を足した数で5となる。

3、負けが連続すれば、数列は 1.2.3.4.5.6・・・と長くなっていき、常に両端の数の合計数が、次の掛け金となります。

4、勝った場合は、その時点で両端から2つずつ、数字を消去します。たとえば、{1.2.3.4.5.6.7}(5回目のゲーム、掛け金1+7=8円)で勝った場合は、左から1と2、右側から6と7を消去して数列は、{3.4.5}となり、次の回の掛け金は3+5=8円となります。

5、勝ちが続いて、数列の両端から数字を2つずつ消去して数字が1つだけ残るか、数列がなくなった場合は終了します。そのときは必ず儲けがでるようになっています。

スバラシイ!

(例)3回連続で負けて4回目に勝ち、さらに2回連続で負けて7回目で勝った場合。 最初の賭け金を4円(1+3)とし、レートを3倍とすると、のようになります。

回数

1回目
(負)

2回目
(負)

3回目
(負)

4回目
(勝)

5回目
(負)

6回目
(負)
7回目
(勝)
整列 1.2.3 1.2.3.4 1.2.3.4.5 1.2.3.4.5.6 3.4 3.4.5 3.4.5.6

賭金

$4

$5

$6

$7

$7

$8 $9

損益

-$4

-$5

-$6

+$14

-$7 -$8 +$18

8回目には整列から数字を消去できないのでここで終了します。 勝ち分から負け分を差し引くと (勝 32円)-(負 30円)=(利益 2円)

ココモ式と比べると負けが続いても賭金はそれほど増えませんが、ココモ式では1度勝てばそれまでの負けを全部取り返せますが、モンテカルロ法では長く連敗した時の損を取り返すためには負けに応じ2度 、3度と勝たなくてはなりません。 やっぱり3倍マーチンゲール法が有利です。

 

カジノプログラムの裏をかく

実は究極の方法がもう一つあります。簡単な方法でかなりの儲けを手にすることができます。

最初に30ドル分無料で遊べるカジノはよくあります。 その無料分が終わったらどうすればいいのか、という話です。 実は勝負はここからなのです。

無料分のプレイは負けやすく設定されているという話をご存知ですか。これは、最初から稼がせ逃げられてはオーナーの儲けなどありえないからというもの。 以下はこのプログラムの欠点についての話です。

一見どうして勝てるのか分からない方法に見えますが、プログラムの裏をかいた方法なので、以下の方法をそのまま試せばウハウハ。

1. まず最初の30ドル無料分を2回に分けて勝負します。

2. 次にそこで利益が発生した場合、その日のプレイは終了します。10に行きます。

3. もし負けて0になった場合は、そこで止めずに勝負します。

4. 30ドル投資して勝負します。もしここで勝ったらその日の勝負は終了します。10に行きます。

5. もし4.で負け越したら、その倍の金額60ドルを賭けます。

6. もしここで勝ち越したらその日の勝負は終了します。10にいきます。

7. もし5.で負け越したら、その倍の金額120ドルを投資します。

8. もしここで勝ち越したらその日の勝負は終了します。10にいきます。

9.もし7.で負け越したら、その倍の金額240ドルを投資します。これを勝ち越すまで繰り返します。

10. 勝ち越した後は、少なくとも2日間は勝負しないでください。これは、カジノのプログラムの設定変更が2日おきにされるからです。2日待たずに続けると勝つことはできません。 (2日後の勝負で注意すべき点は、30分おきに1回だけプレイすることです。そして、ここからが投資の本番です)

11. まず1プレイ目は5ドル投資します。

12. 1プレイ目で勝っても負けても次のゲーム(2プレイ目)では10ドル投資します。

13. 次は5ドル増やして、3プレイ目は15ドルになります。勝っても負けても次のゲーム(4プレイ目)は20ドルを投資します。

14. 結果は5プレイ目か10プレイ目に出る=勝つという設定になっています。5プレイ目で勝った時はそこで必ず止めます。勝たなかった時は続けて10プレイ目までやります。そこで必ず勝ちますので、そこで止めます。それ以上のプレイをしても勝てません。

15. もしまだ続けたい場合は、一度勝ち越した金額の受け取り処理をし、残金をゼロにして、インストール済みのソフトを一度アンインストールしてから、新しくダウンロードの上インストールしなおし、新しいアカウントを開いて、最初から始めます。

この方法はソフトが新しくなったりすると使えなくなる可能性がありますので今のウチにオイシイ思いをしちゃいましょう。

では、さっそくインペリアルカジノで実践してみる?

*尚、この方法は激裏情報のため近日中に削除いたします。 もちろん全て自己責任でお願いします。

中国-雑記帳 輪廻転生/暁の寺 ひとりごと(バンコク) バンコク生活情報 CHANTY リンク集(タイ)

3-4-5-6-8-36-45-53-56 22-25-42 01-16-29 07-38 5-25 9-11-30 8--30 7-17

世界の富裕人口、2003年末には770万人=米社調査

 [ロンドン 15日 ロイター] 米メリルリンチとキャップジェミニが発表した調査によると、 2003年末時点の世界の富裕人口は770万人で、前年末から50万人増加した。 株価や経済が持ち直し、ハイリターンの金融商品に投資が増えたためとみられている。

 富裕層の資産総額は、前年比7.7%増の28兆8000億ドルで、2001年の世界的な景気後退(リセッション)前の水準まで回復した。

 資産総額は今後年間7%のペースで増加し、2008年までには40兆7000億ドルを超える見通しという。

 富裕層は、邸宅など不動産のほかに100万ドル以上の金融資産を所有する人と定義されている。

(ロイター) [6月16日12時0分更新]

乱数表 SPSS 無限連鎖講(ねずみ講、マルチ商法)

<宝くじ>伊で破産者や一家心中など悲惨な事件相次ぐ

 【ローマ海保真人】イタリアで「ロト」と呼ばれる数字選択式の宝くじをめぐり、破産者や自殺者が相次いでいる。20カ月近く出ていない「53」という数字を狙い、大金をつぎ込む人が続出しているためで、国民のロトへの熱狂ぶりは社会問題化している。

 ロトは1から90までの数字を最大五つ選ぶ賭け事で、11倍から最大9700万倍の当選払戻金が見込まれ、国内10都市で毎週2回、それぞれ抽選を行っている。このうちベネチアで「53」が03年5月以来、178回の抽選で出ていないことから、「次こそ53」という予想とうわさが全国に一気に広まり、賭ける人が急増した。

 イタリア紙によると、この結果、今月13日には家計を全額「53」に投じた女性が自殺。18日には「53」に賭けるため、勤務先の銀行から100万ユーロ(約1億4000万円)を持ち出した行員が逮捕された。さらにフィレンツェ近郊で「53」のため借金が膨らんだ55歳の男性が、妻と子を殺害したうえ自殺、悲惨な事件が続々と表面化した。

 イタリア人はもともと賭け事好きで知られ、ロトの原形は1871年に生まれたという。ロトは国営公社が運営するため、国の重要な財源にもなっている。昨年は100億ユーロ(約1兆4000億円)が賭けられた。国民の約3500万人がロトを含む各種くじに日常的に賭け、うち約70万人が「中毒者」になっているという推計もある。

 専門の精神療法学者は「『中毒者』の半数以上は女性で、老人のほか若い世代にも増加傾向が見られる」と指摘。一部の消費者団体は、政府に対し「しばらく『53』を賭けの対象番号から外すべきだ」と訴え始めている。

(毎日新聞) - 1月24日10時18分更新

パソコン相談所 タイでネットTV タイで年金生活 タイでゴルフ タイで就職 タイ語の翻訳 タイでADSL接続